mmyoji's diary

プログラミングとか日々のどうでもいいこととか

Rails + npm環境のwercker設定

wercker 便利ですよね。

private repositoryでも無料で使えるので、個人アプリでも会社でも使えていいんですが、Railsでjsをnpm管理していたりする場合に単に npm-install コマンドつけても使えないのでメモ(といっても全然大したことないですが...)

.wercker.yml

box: ruby
services:
  - postgres
build:
  steps:
    - script:
        name: set nodejs emvironment
        code: |
          sudo apt-get update
          sudo apt-get install -y nodejs npm
          sudo npm install
    - bundle-install
    - rails-database-yml:
        service: postgresql-docker
    - script:
        name: echo ruby information
        code: |
          echo "ruby version $(ruby --versoin) running"
          echo "from location $(which ruby)"
          echo -p "gem list: $(gem list)"
    - script:
        name: Set up DB
        code: RAILS_ENV=test bundle exec rake db:schema:load
    - script:
        name: rspec
        code: bundle exec rspec
  after-steps:
    - wantedly/pretty-slack-notify:
        webhook-url: $SLACK_WEBHOOK_URL
        channel: development-activity

postgreの場合、環境変数 POSTGRES_PASSWORD を適当にセットしておく必要があるみたいなのでwercker側のEnvironment variablesのところに書いておきましょう。

あとbuildの失敗/完了を知らせるslack通知も欲しいので、設定しておきましょう。

slack側でincoming-webhookを設定したら、そのURLも環境変数に設定しておくとslackに通知きてはっぴーです

終わり

参考